スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BEAT CRUSADERS/『REST CRUSADERS』

2010年に「散開」したビークルの、新曲や蔵出し曲が詰まった最後の音源集。

REST CRUSADERSREST CRUSADERS
(2010/10/06)
BEAT CRUSADERS、CHEW-STIE BOYZ 他

商品詳細を見る


artist: BEAT CRUSADERS
title: REST CRUSADERS


2010年 10月発売。

昨年9月を持って、惜しくもその活動に幕を下ろしたBEAT CRUSADERSの、
スタジオ音源としては最後のアルバム。12月にはライブ音源も発売しています。
「残りものには福がある?!」なんてジョークの利いたキャッチコピーがまた
彼らのキャラクターを表していて印象的でしたが、しかしその言葉に違わず、
ビークルの魅力がフルボリュームでぎゅうぎゅうに詰め込まれた作品です。

彼ら最後のライブで1回のみ演奏されたという1曲目の「Give it up」をはじめ
未発表の新曲、未収録シングル曲、カップリング曲などのアルバム未収録曲が
集められています。さらに嬉しいのは、これまでCDの初回盤だけでしか聴く
ことができなかったボーナストラックも改めて収録されている点。
特にメジャーに移籍してまもない頃のアルバムの初回盤は、あっという間に
なくなってしまった記憶があるので、こうして時間を置いた上で全員が聴ける
ように再収録してもらえるのはサービスが行き届いているなと思います。

そして何といっても、今作は全22曲・70分超という大ボリュームにも関わらず、
全くその長さを感じさせずに一気に聴かせる勢いがあります。
良質でポップなメロディの疾走感あるパワーポップが基本ですが、フォーキーで
メロウな楽曲やディスコ調の楽曲などもあり、新曲では従来のイメージよりやや
ハードな楽曲をやっていたり、さらにヒップホップ調の曲も収録されていて、
それらが良いアクセントになっていて飽きずに聴くことができます。

また初回限定盤のみ2枚組仕様となっており、限定版ディスクの方にはこれまで
コラボレーションしてきた様々なミュージシャンとの楽曲や、トリビュート盤に
提供された楽曲などが収録されていて、こちらも全19曲と大サービス。
個人的にはこちらのディスクの方が面白いと思うのですが、ネットではすでに
プレミアが付き始めてしまっている模様。店頭で見つけたら即買いです。

内容的にもボリューム的にも大満足の充実作でした。
解散を惜しむ気持ちもありつつも、やはり彼らの言うとおり、ビークルとして
やれることはみんなやってしまったんだろうな、と感じます。
すでにフロントマンのヒダカトオルが突然MONOBRIGHTへの加入を発表するなど、
まだまだ彼らは話題を提供してくれそうです。


▼BEAT CRUSADERS/『Situation』


▼つじあやのとBEAT CRUSADERS/『ありえないくらい奇跡』


blogram投票ボタン   にほんブログ村 音楽ブログへ
ランキング参加中!
スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

電羊6号

Author:電羊6号
ただの音楽好きな羊です。
好きなCDの感想を書いてます。
きまぐれにも程がある運営です。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスカウンター
カテゴリ
最新コメント
RSSリンクの表示
FC2 BLOG
▼参加してます▼
最新記事
リンク
音楽ニュース:ナタリー
商品リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。