スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE PREDATORS/『牙をみせろ』

THE PREDATORSとしての個性がより強くなった2ndアルバム。

牙をみせろ牙をみせろ
(2008/10/15)
THE PREDATORS

商品詳細を見る


artist: THE PREDATORS
title: 牙をみせろ


2008年 10月発売。

the pillowsの山中さわお、GLAYのJIRO、ストレイテナーのナカヤマシンペイにより
結成された3ピース・ロックバンド。各バンドの都合がつくときだけの一時的かつ
限定的な活動で、新作の発売というのはないんだろうなと思っていたので(期待は
していたけど)、驚いたファンも多いのではないか思います。

もともと、NIRVANAっぽい音楽をやるというコンセプトを持って作られたバンドで、
1作目「Hunting!!!!」も、それぞれの本業バンドとは差別化された方向性の作品に
なっていましたが、今回はそれがさらに露骨になった感じ。

前作と比べてサウンドは更に洋楽志向。よりハードに、そして研ぎ澄まされた印象。
勢い重視の楽曲が多かった前作「Hunting!!!!」ですが、この「牙をみせろ」では、
よりNIRVANAを意識したような重厚な雰囲気の楽曲が増え、存在感を放っています。
2曲目の『C.R.S.』は特にNIRVANAそのままで、「訴えられてもしょうがない」と
山中氏も語っているほどです。(笑)

また、歌詞の方は退廃的な雰囲気を強めつつ、より挑発的に。
「牙をみせろ」というアルバムのタイトルにも象徴されています。
本業ではない気安さからか『ROCK'N'ROLL LAY DOWN』のPVでは結構悪ノリして、
名だたる海外の有名なロックバンドにソックリの看板を次々破壊していくという、
なんとも強気な内容になっています。ちょっとハラハラするジョークですが。(笑)

そういう危うい部分も副業バンドならではで、他とは違う面白さだと思います。
1作目よりも格段にバンドとしての個性が表れ、濃密になったと感じる作品です。

≪関連作品≫

SHOOT THE MOON TOUR 2008.11.4 at Zepp Tokyo [DVD]SHOOT THE MOON TOUR 2008.11.4 at Zepp Tokyo [DVD]
(2009/02/04)
THE PREDATORS

商品詳細を見る

ドキュメンタリーも収録された、このアルバムのツアーDVDです。
曲数の少なさを補うための、山中氏のグダグダなMCが楽しめます。


▼THE PREDATORS/『ROCK'N'ROLL LAY DOWN』


▼THE PREDATORS/『LIVE DRIVE』


blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

THE PREDATORS/『Hunting!!!!』

最前線で活動する3バンドのメンバーによって結成された3ピース・バンド。

Hunting!!!!Hunting!!!!
(2005/07/06)
THE PREDATORS

商品詳細を見る


artist: THE PREDATORS
title: Hunting!!!!


2005年 7月発売。

もともと親交のあったthe pillowsの山中さわおとGLAYのJIROを中心に、
ストレイテナーのナカヤマシンペイを加えて結成された3ピース・バンド。
(現在はナカヤマ氏に代わり、エルレガーデン・スカーズボロの高橋宏貴が加入)

「ポップなニルヴァーナ」というコンセプトで、主に本人たちが楽しむための
趣味的な位置づけのバンドですが、変な気負いがないせいか、洋楽的な雰囲気を
強く持ちながらも本家のバンドよりシンプルで聴きやすい印象があります。
1回限りの限定的な活動だと思っていたのですが、2010年現在、3枚のアルバムを
リリースして、ライブ活動も精力的に行っています。ファンとしては嬉しい限り。

山中さわおが中心となっているのでピロウズとの違いが気になるところなのですが、
コンセプトが最初からしっかりしていることや、半分近くJIROが作曲していること、
そして山中氏が全曲手掛けている歌詞がピロウズに比べハードで退廃的な言葉で
綴られていることなど、しっかり差別化が図られているようです。
(それでも「爆音ドロップ」などポップな曲はピロウズに近い印象がありますが。)
ソロの時も思ったのですが、山中氏はこういった使い分けは器用にこなしますね。

演奏、歌詞とも全体的に勢い重視で、聴く人により「大味」と感じる事もあるかも
しれませんが、そのざっくり感が個人的には気に入っています。
この作品では、アップテンポで疾走感のある楽曲が多く収録されていますが、
そんな中では異色でマイナーな印象が強い「ムスタング・ヒッピー」が特に好み。
オルタナ感ばりばりで、思わずにやりとしてしまいました。

あくまで副業バンドということで活動は不定期ですが、彼らがストレスなく続けて
いける程度のペースでやっていってほしいと思います。
ナカヤマ氏のダイナミックなドラムが好きだっただけに、彼の脱退は残念でしたが、
本業のストレイテナーの活動の充実が理由ということなので、プレデターズという
バンドの性質上仕方のない事かな……。
しかし高橋氏に代わった最新作もよかったので、今後の作品にも期待しています。
(次の作品はいつになるか分かりませんけどね)


▼THE PREDATORS/『爆音ドロップ』


blogram投票ボタン

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

プロフィール

電羊6号

Author:電羊6号
ただの音楽好きな羊です。
好きなCDの感想を書いてます。
きまぐれにも程がある運営です。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスカウンター
カテゴリ
最新コメント
RSSリンクの表示
FC2 BLOG
▼参加してます▼
最新記事
リンク
音楽ニュース:ナタリー
商品リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。