スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

suzumoku/『アイス缶珈琲』

pe'zmokuのボーカルも務めたフォークシンガー、suzumoku初のシングル。



artist: suzumoku
title: アイス缶珈琲
(シングル)


2010年 6月発売。

2008年、ジャズバンドのPE'Zとともにユニットpe'zmoku(ペズモク)を結成し、
そのボーカル&ギターとしてメジャーシーンで活動したフォークシンガーです。
数々のタイアップも得ながら人気を上げていったのですが、2009年のライブツアー
の最中に突如失踪。その後無事に見つかるも、pe'zmokuとしての活動は休止と
なりました。(詳しくはこちらの「suzumoku失踪事件」参照
皮肉にも、その出来事のせいでsuzumokuという名前が忘れられないものとなり、
その後の様子が気になっていたのですが、どうやらしっかり復帰して、3月には
ソロでアルバムも発表したようです。

そんな彼の新曲「アイス缶珈琲」のPVを、先日スペシャで目にしました。
まずは、お元気そうで何よりと思ったのですが(笑
suzumokuの歌をちゃんと聴いたのはこれが初めてでした。
穏やかな曲調、やさしいメロディながら、はっきりとした歌声で、一言一言
堂々と歌い上げている様子は、先の出来事からは想像できないものでした。
そして、何より情景描写が秀逸。
周りの景色の流れと、それに伴う心理描写の変化は真に迫るものがあります。

仕事をサボって外に飛び出し、色々考えてまた仕事に戻るという、ストーリー仕立て
の楽曲で、最初に外に出て空を見上げた時の開放感、その後手持ち無沙汰になって
しまった自分への焦燥感や閉塞感、そんな自分を変えようと気持ちを奮い立たせる
様子など、非常によく伝わってきます。
おそらくsuzumoku自身が経験し、苦しみ葛藤してきたことなのでしょう。
ひとつひとつのフレーズに妙に説得力がありました。

もしあなたが、ちょっと疲れて、ついなげやりになってしまう時に聴いてみると、
「もうちょっと頑張ってみようかな」なんていう気持ちになるかもしれません。
3月に出たアルバムも聴いてみようと思える好楽曲でした。




blogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

プロフィール

電羊6号

Author:電羊6号
ただの音楽好きな羊です。
好きなCDの感想を書いてます。
きまぐれにも程がある運営です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスカウンター
カテゴリ
最新コメント
RSSリンクの表示
FC2 BLOG
▼参加してます▼
最新記事
リンク
音楽ニュース:ナタリー
商品リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。