スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山中さわお/『ディスチャージ』

the pillowsともTHE PREDATORSとも差別化された、山中さわおソロ・アルバム。

ディスチャージディスチャージ
(2010/06/23)
山中さわお

商品詳細を見る


artist: 山中さわお
title: ディスチャージ


2010年 6月発売。

the pillowsの中心人物、山中さわおによる初ソロ・アルバム。
昨年はthe pillowsがフル稼働していたので、今年はあまりリリースないかもと
思っていたのですが、THE PREDATORSも動き出し、そしてこのソロ・アルバムと
何かしら活動してくれているので、ファンとしては非常に嬉しいです。

アルバムの内容ですが、バンドの時より音の歪み方が顕著で、また全編英語詞の
ため、かなり洋楽に近い雰囲気になっています。
また、歌い方は他の作品に比べかなりユルくダラっとした印象で、つぶやくように
うたっている曲もありますが、作品の雰囲気には合っています。
インタビューで、ライブでやるつもりがない、というような事を言っていたように、
CDで聴かれることを念頭に置いた作品のようです。

そして特徴が大きく表れたのが今作の歌詞。
『僕は人間以下だったんだ ただ歌うだけの生き物』(Music Creature訳詞)
『キミは僕が苦手 わかってる 自分自身を好きじゃない』
(the burn bread in my clear sea訳詞)
『じゃあね サヨナラ 僕はもういないよ』(Birthday訳詞)

など、the pillowsの作品で時折見せる孤独感や厭世感が今作では全開。
かといって、そんな根暗な(笑)曲ばかりではなく『DAWN SPEECH』では音楽の
楽しさを、『Angel』では「キミ」に対し純粋に想う気持ちをうたっています。
ソロ作品だけに、山中さわおの内面がストレートに反映されているのでしょう。
どの曲も、うたわれている気持ちの純度が高いように感じました。

おそらくthe pillowsを期待して聴くと、ちょっと驚く内容だと思います。
しかしメロディーセンスはさすがで、マイナーな印象ながら全曲ポップな仕上がりで、
リピートして聴くごとにズブズブ嵌っていってしまう中毒性はthe pillows以上かも。
the pillowsファンはもちろん、洋楽ファンにもおすすめの作品です。

(余談。僕は最初に歌詞を見ずに聴くのですが、『DAWN SPEECH』のサビの部分
『My life became fun.(僕の人生は楽しくなった)』を、
『My life is GAME OVER.(おれの人生オワタ)』と勘違いし、こんな投げやりな事を
軽快にうたうのも彼らしいな、なんて思っていました。
だって英語の発音悪いんだもの(笑))


▼山中さわお/『DAWN SPEECH』


blogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

プロフィール

電羊6号

Author:電羊6号
ただの音楽好きな羊です。
好きなCDの感想を書いてます。
きまぐれにも程がある運営です。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスカウンター
カテゴリ
最新コメント
RSSリンクの表示
FC2 BLOG
▼参加してます▼
最新記事
リンク
音楽ニュース:ナタリー
商品リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。