スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FoZZtone/『from the NEW WORLD』

ファンを大いに悩ませ、楽しませてくれたオーダーメイド・アルバム。

ftnw.jpg

artist: FoZZtone
title: from the NEW WORLD


2010年 12月発売。

このブログでも何度か話題にしたFoZZtoneのオーダーメイド・アルバム、
「from the NEW WORLD」。

新曲10曲から8曲を選択し、曲順を決めてオーダーすると、選曲ディレクター
として自分の名前がクレジットされたアルバムが届く、という企画でした。
その申込から1ヶ月半、とうとう現物が手元に届きました!

僕の選曲はこちら。

 1. Stone in the black boots
 2. 4D
 3. slow flicker
 4. HELLO,C Q D
 5. レインメイカー
 6. 白鯨
 7. Jaguar in the stream
 8. ロードストーン

パッケージは結構しっかりしたつくりの紙ジャケット。
封入の歌詞カードは選曲したとおりに歌詞が並んでおり、「Selection Director」
として自分の名前がちゃんとクレジットされているのを確認して、思わずニヤリ。

さて肝心のその選曲なのですが、さんざん悩んだ甲斐あって、相当に自分好みな
仕上がりになったと思います。

派手なイントロ・力強いギターリフが印象的な「Stone in the black boots」を
1曲目に持ってきて勢いをつけ、ハードでスピード感ある「4D」につなげて冒頭から
ガツンとくらわせ、最終的にエンドロールのイメージがある「ロードストーン」
にうまく運んで行くという選曲にしました。
しっかり緩急のついたバランス良いアルバムになったんじゃないかと、自画自賛。

今回用意された10曲は特にバラエティに富んでいて、彼ららしさを存分に表した
楽曲から意外性のあるものまで多種多様でしたが、その楽曲の中で、CDになって
思った以上に存在感を発揮していたのが「白鯨」。
どっしりした入り方から疾走感溢れるパワフルな曲調にシフト、展開のされ方が
ドラマチックで曲の締めもカッコよく、後半の大きなハイライトになっていました。

……このオーダーメイド・アルバム企画、届いたCDをより愛着を持って楽しめる
のはもちろんですが、それまでにも、順に発表されていった新曲を試聴しながら
あーでもないこーでもないと曲順を思案したり、他のリスナーとそれぞれ決めた
曲順を発表し合ったりなど、アルバムの発送を待っている間も皆で盛り上がれる、
大変有意義な企画だったと思います。

このような嬉しい機会を与えてくれたFoZZtoneに感謝するとともに、今後もまた
音楽業界に一石を投じるような活動を続けることを期待しています。そして、
それが業界や他のミュージシャンにもいい刺激になれば、音楽シーンも今以上に
活気づくのではないでしょうか。

彼らの言うように、音楽業界は次の段階に向かう時なのかもしれませんね。

NEW WORLD 渡會将士(FoZZtone Vo.)


※以下は公式にアップされている、関係者によるそれぞれの選曲のリミックス

▼FoZZtone/『from the NEW WORLD 俵田 remix medley』 by Professor 俵田


http://www.amnis-inc.com/fozztone/review-tawarada.html

▼FoZZtone/『from the NEW WORLD on Turntable』 by 出口 和宏(GARAGE/ENNDISC)


http://www.amnis-inc.com/fozztone/review-deguchi.html

blogram投票ボタン   にほんブログ村 音楽ブログへ
ランキング参加中!
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

【緊急】FoZZtone オーダーメイドアルバム締切が12/10に短縮されました

こんな面白い企画がある!と先日ご紹介したFoZZtoneのオーダーメイドアルバム
彼らの新作「from the NEW WORLD」の異例のリリース形態が話題になっています。
用意された新曲10曲の中から8曲選び、自由に曲順を決めて注文するというもので、
11月に順次新曲が配信され、1000枚限定で12月1日から受付開始しました。

が、開始日である1日未明に、サーバーダウンを起こすほどの注文が殺到。
当初予定していた1000枚が初日で売り切れるという事態になってしまいました。
それを受け、急遽追加販売が決定しました。

しかし、販売期間は当初予定の12月31日から、12月10日に短縮されていますので
検討されている方はお早めに!!

▼「from the NEW WORLD」詳細&楽曲試聴
http://www.amnis-inc.com/fozztone/newworld.html


参考までに、僕の選曲はこちら。

FoZZtone/『from the NEW WORLD』(電羊6号Ver.)

 1. Stone in the black boots
 2. 4D
 3. slow flicker
 4. HELLO,C Q D
 5. レインメイカー
 6. 白鯨
 7. Jaguar in the stream
 8. ロードストーン

ファンなら10曲全部欲しいのに、あえて8曲選ばせるのがニクいですよね。
おかげで相当真剣に悩んでしまいました。

そしてこのアルバム、今回を逃すとおそらくもう手に入らないでしょうから、
くれぐれもお買い忘れのないように!
12月10日までですよ!(くどい


▼FoZZtone/『Jaguar in the stream(Live Ver.)』


blogram投票ボタン   にほんブログ村 音楽ブログへ
ランキング参加中!

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

FoZZtone オーダーメイドアルバム企画について

このブログでも何度か紹介しているFoZZtone(フォズトーン)というバンドが、
非常に興味深い企画を行っているので、今回はそれを紹介します。

彼らは12月にかけ、「オーダーメイドアルバム」と題された企画を行っています。
NEWアルバムの曲目・曲順を、僕たちユーザーが決める、というものです。
11月中に順次配信される新曲のライブ音源を聴き、自分の思うような順番で楽曲を
並べてオーダーすると、自分の名前が「選曲ディレクター」としてクレジットされた
その曲順通りのアルバムが手元に届く、という企画。

▼オーダーメイドアルバム企画の趣旨
http://www.amnis-inc.com/fozztone/newworld01.html

バンドのボーカルで中心人物の渡會氏は「選曲」も音楽の大きな楽しみの一つとして
とらえていて、彼らの音楽観が表れた『音楽』という楽曲でも、

“君に聴かせたいよ俺の選曲を 素晴らしいから
 心の無い音ひとつも無いから”


と、その思いを明らかにしています。

個人的に彼のそういう考えに共感するところがあるので、今回の企画には大変
興味を持っています。ファンとしてももちろん注文するつもり。
iPodのような携帯プレーヤーで音楽を聴く機会が多い現在、日常的に持ち歩く
楽曲を選曲したり、曲順を編集したりすることはよくあると思うのですが、
アルバムとして手元に残る形で、自分ならどういう流れにするだろう、なんて
考えながらじっくり選曲していく、というのはなかなかする機会のないことで、
面白い企画だと思っています。

公式サイトでの予約販売のみで、しかも1000枚限定販売ということなので、
ファン向けの企画ではあると思うのですが、こうした彼らの考えに共感する所が
あれば、聴いてみてほしいと思います。


▼オーダーメイドアルバム楽曲一覧(順次配信)
http://www.amnis-inc.com/fozztone/newworld.html

▼公式HP
http://www.amnis-inc.com/fozztone/top.shtml

▼FoZZtone/『音楽』


blogram投票ボタン   にほんブログ村 音楽ブログへ

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

FoZZtone/『The Sound of Music』

音楽に対する真摯な愛情が、これでもかと詰め込まれた2ndアルバム。



artist: FoZZtone
title: The Sound of Music


2009年 7月発売。

前作「カントリークラブ」は、1曲ごとにタイプが違う非常にバラエティ豊かな
アルバムで、FoZZtoneというバンドの器用さを思い知らされたのですが、
2作目のフル・アルバムとなるこの「The Sound of Music」では打って変って、
作品全体を通し、彼らのルーツ・ミュージックである60~70年代の洋楽の雰囲気で
まとめられており、そのひとつの方針に向け愚直なまでに音楽をやっている様は、
不器用にさえ思えます。
それだけ、自分たちのルーツ・ミュージックに対する敬意や憧憬が強いのでしょう。
アルバムの装丁や歌詞カード、ディスクのレーベル面などにもよく表れています。

アルバムタイトルの「The Sound of Music」にも表れているように、この作品では
彼らにとっての音楽とはどういうものか、ということも表現されています。
最もはっきりと出ているのは、シングル曲でそのままズバリな「音楽」という曲。
物憂げな導入部から徐々に盛り上がり、サビで「音楽、その音楽」と印象的な
フレーズで爆発する爽快な楽曲で、このアルバムでも象徴的な曲になっています。
もう1曲、「NAME」という曲のメッセージ性が強く、また1つの楽曲の中で色々な
表情を見せるので、「音楽」とは違った形でアルバムの重要な曲になっています。

前作と比べると歌い方など勢いを重視しているように感じました。
時には声を枯らすほど張り上げていて、綺麗に歌うよりもよりエモーショナルに、
ライブに近いような意識で歌っているのでしょう。
ヒリヒリと胸に迫るものがありました。
「JUMPING GIRL」ではそれが非常に爽快で、また「NIRVANA UNIVERSE」では
その歌い方が哀愁を強調しています。
一方で「ホールケーキ」では、やさしい歌声とアコギの音色でホッとするような
雰囲気を出していて、一貫したコンセプトの中でも緩急をつけています。

FoZZtoneというバンドの、核の部分が見られる作品です。
前作ほど万人向けではありませんが、ハマる人はこちらの方に強くハマりそう。
昔の洋楽の雰囲気、とりわけ乾いた感じの、煙ったようなイメージが好きな人は
気に入るのではないかと思います。
こだわり続けて、やりたいことをやりきった。そんな潔さが感じられる名作です。
こういうバンドに、ぜひ長く活動してもらいたいなぁ……。


▼FoZZtone/『音楽』



▼FoZZtone/『NAME』


blogram投票ボタン

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

FoZZtone/『カントリークラブ』

様々な要素を取り込んだ、聴き応えのあるFoZZtone 1stフル・アルバム。



artist: FoZZtone
title: カントリークラブ


2008年 1月発売。

今、僕が注目しているバンドの一つ、FoZZtoneのメジャー初フル・アルバムです。
彼らはメジャーで2枚フル・アルバムを出していますが、この1枚目と
次の2枚目で全く雰囲気の異なるものとなっていて驚きました。

この「カントリークラブ」では、実に様々なタイプの曲が収録されています。
穏やかなカントリー調の曲に始まり、軽快でポップな曲、ハードで力強い曲、
パンキッシュな曲、ジャズ要素の入った曲、打ち込みを取り入れた曲など、
とにかく色々な曲があり、ともすれば雑多でバラけた印象を持たれてしまいそう
なところですが、少しひねくれた独特の歌詞の世界観や抜群のメロディーセンス
でアルバム全体を一つにまとめあげています。

シングル曲「平らな世界」「黒点」をはじめ、ミニアルバムに収録された曲や
インディーズ時代の曲など既発曲が多めなので、これまでの集大成的な作品で
あり、自己紹介的なアルバムといえるでしょう。
そして、タイプの被らない楽曲を収録しながら高い完成度を持たせることで、
彼らの器用さを見せつけるアルバムになっています。

今後が楽しみなバンドなのですが、売上的にやや苦戦気味ということもあり、
そういう意味でも今ちょっと目が離せません。(笑)
この「カントリークラブ」は非常に聴きやすい作品になっていると思いますので、
興味を持った方はこちらのアルバムから聴き始めることをおすすめします。


▼FoZZtone/『黒点』


blogram投票ボタン

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

プロフィール

電羊6号

Author:電羊6号
ただの音楽好きな羊です。
好きなCDの感想を書いてます。
きまぐれにも程がある運営です。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスカウンター
カテゴリ
最新コメント
RSSリンクの表示
FC2 BLOG
▼参加してます▼
最新記事
リンク
音楽ニュース:ナタリー
商品リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。